水回りはまとめてリノベーションを行えば費用を抑える効果も期待

水回りはまとめてリノベーションを行えば費用を抑える効果も期待

水回りが老朽化してくることによって、水漏れなどのトラブルが起きやすくなります。
そのため、経年劣化などを理由として最新の設備に機能性を高くしてリノベーションされる家庭が増えています。
ただし水回りのリノベーションにかかる費用は、決して安いとは言い難いものです。
納める住宅設備にもよりますが、キッチンでだいたい50~250万円、浴室で50~150万円、洗面台で10~50万円、トイレで10~50万円ほどかかります。
これらの料金は本体だけでなく施工費や資材のお金もかかってくるので、一つ一つの金額は非常に高額になってきます。
もしリノベーションの費用を少しでも抑えたいという方は、是非水回りをまとめてリノベーションされることをお勧めします。
いくら見た目は問題なくても、内部で腐食が起きていたり、部品が劣化していることでいつか水漏れを引き起こす可能性があるからです。
まとめて実施する事で、資材の仕入れ価格を抑えることができたり、排水管の施工費を削減することにも繋がりますので、全体のコストを安くする事が出来るためです。

リノベーションをする時の見積もりのチェックポイント

リノベーションをする時には業者から見積もりを出してもらい、その内容に満足できれば契約となります。
最初から業者が決まっているケース以外は相見積もりを取り、その中から一番良いところを選択するのが一般的です。
依頼する場合には事前に予算を伝えるのが鉄則であり、提示されたものがきちんと予算内におさまっているかを必ず確認しなければなりません。
いくらリノベーションの質が高くても、予算を大幅にオーバーするようなものは金銭的な負担が大きくなりますので、依頼した額で収まっていることが重要です。
また、金額以外の部分もチェックしなければならず、例えばアフターサービスに関しては満足度に大きく関わります。
工事をすればそれが終わりではなく、後から直して欲しいところが出てくるかもしれません。
そのような状況で気持ち良く対応してくれるところが良いですし、最初からアフターサービスを徹底していることが分かれば安心して契約できます。

筆者:蒲生良太

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
リノベーションで前から欲しかった床下収納を手に入れました。